兵庫の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、兵庫の行政書士荻野法務事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » 業務日誌 » 自動車リサイクル法

自動車リサイクル法

2013/11/11

自動車リサイクル法とは、ゴミを減らし、資源を無駄遣いしないリサイクル型社会を作るために、自動車のリサイクルについてクルマの所有者、関連事業者、自動車メーカー・輸入業者の役割を定めた法律です。

自動車リサイクル法の対象となる自動車は、下記のものを除く基本的にすべての自動車(トラック・バスなどの大型車、特種自動車(いわゆる8ナンバー車も含む)となっています。

<対象外となるクルマ>
• 被けん引車
• 二輪車(原動機付自転車、側車付きのものも含む)
• 大型特殊自動車、小型特殊自動車
•その他農業機械、林業機械、スノーモービル等

リサイクル料金はメーカー、車種によって1台ごとに異なります。リサイクル料金は、自動車メーカー・輸入業者によって、クルマ一台毎にシュレッダーダスト(クルマの解体・破砕後に残るプラスチックくずなど)の発生量、フロン類の充てん量、エアバッグ類の個数・取り外しやすさなどから設定されています。下記、ご参照ください。

<リサイクル料金の水準>

3品目のリサイクル料金の合計額の水準

◆軽・小型乗用車(コンパクトカー)
 エアバッグ類4個、エアコン有り  7千円~1万6千円程度

◆普通乗用車
エアバッグ類4個、エアコン有り   1万円~1万8千円程度

◆中・大型トラック
エアバッグ類2個、エアコン有り   1万円~1万6千円程度

◆大型バス
エアバッグ類2個、エアコン有り   4万円~6万5千円程度

※加えて、資金管理料金380円(新車購入時)または480円(車検時または廃車時)、情報管理料金230円(H18.4.1改定)が必要となります。

このリサイクル料金は、原則新車購入時に支払う必要があります。 リサイクル料金を支払うと、リサイクル券や領収書が発行されますので、確実に入手するようにしてください。 ちなみに、リサイクル料金を支払った自動車を他人に売却する場合は、次の所有者の方から、車両部分の価値金額に加えて、リサイクル料金相当額を受け取る権利があります。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

大阪府行政書士会会員 淀川支部所属
行政書士荻野法務事務所
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島7丁目1番3号チサン第8新大阪913号
TEL 06-6195-3325
FAX 06-6306-6064
MAIL info@hyogo-car.com
営業時間 9:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab